<< 螺鈿作家 池田君の紹介 | main | カッターナイフの柄 完成 >>

螺鈿ルーチェペン スタンダード短冊



すでにインスタでは紹介した、螺鈿作家 池田君とのコラボで作ったルーチェペンです。
これがスタンダードとなる短冊の螺鈿。

ルーチェペンはアルミ軸 八角となっており、その上に螺鈿となっております。

まずは、短冊の長さを見て頂きたいです。
かなり長いです。7cmほど及ぶものまであります。

長さはまず、貝の大きさを表します。大きさが大きいほど貴重で高価になる事は言うまでもないですね。
普通は短い短冊をつなげる感じで長さを出しますが、こちらは1本で長さがあります。
ペンでは他に見ないと思います。

そして色!!貝は結構白っぽくなります。
しかし薄螺鈿の中でも特に薄くしている池田君の技法だと下の黒があり、貝の色がより鮮明に見えます。
本当に綺麗です。写真より実物を見て頂きたいです。

そしてこの薄さに理由にもう一つ良い事があります。
それは器、下の形から貝と漆で盛り付ける厚さが薄い事で、下の器となる形がしっかり出ます。
もちろん、その厚みを考えて作るのは当たり前ですが、螺鈿が薄ければ下の器もしっかりと作らないといけなくなり、両方が手抜き無しの物となります。下の器の形がしっかり出てシャープに見える。そこが好きです。


作家の中で天才だなと思う作家の一人です。
このこだわりは凄く、また若いからこそいろんな意味で楔とコラボして頂ける意味があります。
もうすでにアメリカNYで個展するぐらの作家さんです。もう尊敬の域です。


ものすごく時間のかかる螺鈿ですので、今回のPen and messageさんのイベントにはこの短冊ともう1本別のが出せる予定です。
価格は80000円+税になります。
徐々に出していきます。予約などはまだf出来ない状態ですが、素晴らしい螺鈿だともいますので、是非見て下さい。
またPen and messageさんでお待ちしております。

その後11月の伊東屋さんでも2本出します。
ここまでは確定、予約は無しですので、イベントにてお願い致します。
コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM