<< 4月の個展会場!!今年は場所変ります!! | main | エクステンダー雫 >>

インナーキャップの実験!!



東京出張のなかで筆記具工房さんにお伺いする予定がありました。
オリジナル万年筆 クローズドエンド楔 と Pen and messageさんで販売しているこしらえ のインナーキャップの件です。
メーカーさんの万年筆に比べるとん乾きを防ぐ構造は、完璧とは言えないです。
どうしても気を削る工程で作りやすさなどを求めるためです。
なかなか全てを完璧に、すべてのユーザーの満足ができるものを作るのは難しいです。

そんな中、お客様からの情報で、筆記具工房さんで こしらえのインナーキャップをを作って頂き、インクの乾きが結構改善されたというお話を頂きました。
そこで筆記具工房さんとお会いして、クローズドエンド楔 と こしらえのインナーキャップの試作を作って頂きました。

素材はエボナイト、キャップの中に入れ込む形です。
接着は無し、これは今後木の割れなどの修理のためです。つまり修理時はインナーキャップは取れる形です。


これで、どれくらいインクの乾きが遅くなるか実験です。
インクの種類、万年筆のペン先の構造、大きさなど乾く度合いは違うかと思います。
クローズドエンド楔は5〜7日ぐらいは大丈夫だったと思いますが、インクによって違いました。

今回のインクは岐阜色インク(長良川) セーラーさんで作って頂いているインクです。
こちらで事件してみます。
18日の夜に洗浄してインクを入れました。まずは1週間このまま使わず置いておきます。
片方はインナーキャップ無しで差が出るかどうか?
また来週、ブログで報告できればと思います。
コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM